エコミュージアムおさしまセンターは音威子府村立旧筬島小学校の校舎を改修した施設で、2003年4月26日にオープンしました。多くの村民が持つ「母校」としての顔を持ち、筬島地区の歴史を後に伝える建物です。

 1978年の廃校後、現代彫刻家・砂澤ビッキが移り住み、創作活動の拠点として数多くの作品を生み出してきました。改修前の当館ではビッキの没後15年が経ったにもかかわらず、空間の至る所にビッキの闘いの痕跡や当時の空気が残されていたと言います。「砂澤ビッキ記念館」という通称のとおり、今日でも村内外から多くの愛好家が作品を一目見ようと、この砂澤ビッキの聖地に足を運んでいます。